50代の化粧品選びはアンチエイジング力をチェック!

メイク

肌老化を食い止める成分

メイク

女性ホルモンが大幅に減少

50代になったら、減少する女性ホルモンの影響を考慮する必要があります。閉経により、体内では大幅に女性ホルモンが減少します。女性ホルモンの減少により不快な症状が現れ、これは更年期障害と呼ばれます。しかし、不快な症状は肌にも現れます。一気に肌が老化する恐れもあるため、50代になったら化粧品を見直すことをおすすめします。50代の方が使用したい化粧品は、ビタミンC誘導体が配合された化粧品です。老化予防に高い効果を持つのが、ビタミンCです。しかし、ビタミンCは、不安定で肌に浸透しにくい性質があります。この欠点を解消したのが、ビタミンC誘導体です。女性ホルモンの減少による老化現象を改善してくれるため、毎日使用する化粧品でビタミンC誘導体を補うことがおすすめです。

高い抗酸化作用が魅力

女性ホルモンが減少することで、活性酵素が活性化してしまいます。活性酵素は体を酸化させてしまい、細胞を大きく傷付けてしまうのです。この活性酵素を抑制するためには、抗酸化作用のある成分を補うことが重要です。その成分こそ、ビタミンC誘導体なのです。50代におすすめのビタミンC誘導体が配合された化粧品を選ぶ際には、水溶性か油溶性かを確認することが重要です。水溶性は非常に即効性があるほか、肌の表面の保湿に優れています。一方、油溶性は非常に持続性があり、肌の奥にまで浸透する特性があります。自分の肌に合った方を選ぶことで、ビタミンC誘導体の効果を最大限実感することができます。もし、どちらも必要である場合には、新型ビタミンC誘導体を選ぶことがおすすめです。新型ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性の特徴を併せ持っているため、即効性と持続性を実感することができます。